So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

ラストはココだね飛騨の国 [流浪]

水戸で2泊した後の6月4日に高山へ移動。
長野道の松本IC下車後、国道158号を西に進む途中で、以前から一度行って見たかった平湯温泉へ。
日帰り入浴のひらゆの森、評判通りの広大な露天風呂が素晴らしい所でした。

20170604-01.jpg

そのまま高山市街へ入り、ホテルへチェックインの後はいつものように散策。
2泊予定で晩春、と言うより初夏の高山を見て回りました。

20170604-02.jpg

20170604-03.jpg

で、高山に来たと言えば無論、白川郷にもいかねばいけません(義務感)

20170604-04.jpg

今シーズン2回目の訪問、山の様子は高山同様に夏へと移り変わる最中って感じ。
遠く北アルプスは未だ残雪が見えるものの、村は緑が色づいておりました。

20170604-05.jpg

去年は満足に来れなかった白川郷、今年はまだまだ再訪するつもりです。
次は真夏辺りが望ましいですが、うーん… 9月かな?

20170604-06.jpg


共通テーマ:旅行

そして茨城へ… [流浪]

苫小牧を出港したさんふらわあ・さっぽろ。
翌日14時の定刻通りに大洗港へ到着しました。

まぁ、大洗っつったら、ね? やっぱりガルパンおじさんだしね?

20170602-01.jpg

って事で大洗の街を色々と食べ歩きながら聖地巡礼なんぞをやって行きました。

20170602-02.jpg

水戸では偕楽園を散策したりして、2泊しました。

20170602-03.jpg

20170602-04.jpg

が、今回は大洗や水戸より、大子町がメインだったかも。
3日の土曜は、施設が開放されるので旧上岡小学校の見学に訪れます。

20170602-05.jpg

廃校以後、時の止まったレトロな雰囲気はやっぱり良いものです。

20170602-06.jpg

20170602-07.jpg

その後は同じ大子町にある、袋田の滝を初見学。
ココは華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三名瀑なんだとか。

20170602-08.jpg

名瀑なだけあり、かなり迫力のある水量が目の前で流れ落ちる様は見応えがあります。
季節毎に見なければ本当の良さが解らない、と言われるらしいので、違う季節にも訪れたいところです。

20170602-09.jpg

因みに袋田の滝には幾つか駐車場がありますが、今回利用したのがこちらの根本駐車場。

20170602-10.jpg

ココを運営している根本さんと言われる方が、エラいガルパン推しな方で、ガルパン痛車の人には
駐車場料金の割引をしたり、単なるガルパンおじさんも優遇したり。

後は恐らく史上初な、駐車場で一番クジを実施したりする激アツなスポットです。

20170602-11.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 15 [流浪]

6月1日(木)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



半月に及ぶ北海道旅行の最終日は生憎の雨。
最後はもう一度小樽へと足を運びました。

20170601-01.jpg

旅の道中で色々な人と話をした中で、小樽では意外と見落としがちな北運河を教えてくれたので
折角なので散策してみる事に。

20170601-02.jpg

観光地として有名な小樽運河のすぐ隣ですが、こちらは不思議と人が一気に少ない感じ。
かくいう自分もこの時まで全然知らなかったので、当然っちゃあ当然なのかも知れません。

20170601-03.jpg

散策後は三角市場に赴き、北海道2日目に訪れたかわしま食堂で再び海鮮丼。
店主さんに色々と次回以降の北海道穴場スポットを教えてもらいました。

20170601-04.jpg

小樽を発ち、新千歳空港へ。
こちらで土産を調達していきます。

20170601-05.jpg

そういや雪ミクがあったっけなぁ、と初めて見てみます。

20170601-06.jpg

で、今年最後のスポットに新千歳空港温泉で色々な場所に行ったもんだ、と振り返りながら
のんびりまったりとして行きます。

20170601-07.jpg

18時45分、定刻で苫小牧港を出港したさんふらわあ・さっぽろに乗り込んで北海道を出発。
半月に渡った北海道旅行、これにて終了と相成りました。

20170601-08.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 14 [流浪]

5月31日(水)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



今一度の札幌、今回は藻岩山へ車で登って行きます。

20170531-01.jpg

藻岩山から望む札幌遠景、天気は良いのですが霞が掛かっていて、ややスッキリしない模様。
しかしその中でも、羊ケ丘から見た札幌ドームは相変わらず浮いた感じです。

20170531-02.jpg

丁度正午になり、ちょいと洒落たレストランで昼食。
腹も満たされたので、下山して札幌市街へと向かいます。

20170531-03.jpg

駐車場の懸念もあるので、14時に本日の宿泊先になるルートイン札幌中央へチェックイン。
日も高いので街中を散策しに行きます。

20170531-04.jpg

この旅行中は何かと寒さにやられた事もありましたが、この日は涼しい程度で気持ちが良いです。
大通公園は多くの人で賑わっていました。

20170531-05.jpg

20170531-06.jpg

旧道庁もやっぱり観光客で賑わっていました。

20170531-07.jpg

道庁の隅には池があり、都市部の喧騒が嘘みたいに静かになる旧道庁敷地の中で一層静かになります。
ココは市民の憩いの場、って感じでしょうか。

20170531-08.jpg

20170531-09.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 13 [流浪]

5月30日(火)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



今年も何もない春な襟裳岬を訪れました。

20170530-01.jpg

風速10m以上が年間290日以上と言うこの場所、この日は3~4mだったらしいです。
『らしい』と言うのも、この日は突端に大学生が風速の調査を行っていて、そのような会話が聞こえた次第。
確かにあまり風がどうこうって感じではありませんでしたね。

20170530-02.jpg

ところが様似のエンルム岬に行って見ると、やっぱり恐ろしいまでの暴風で息も出来ない状態。
この辺りはこうじゃないとね、なんて勝手に納得しながら太平洋沿岸を一気に西へ向かいます。

20170530-03.jpg

苫小牧を通り過ぎ、登別までやって来ました。
登別と言えばツムラ温泉、ってな訳で温泉街にある地獄谷を訪れました。

20170530-04.jpg

弟子屈の硫黄山よろしく、あちこちから源泉が湧き出して硫黄臭がプンプンしています。
これぞ温泉、って感じがして非常によろしいんじゃないでしょうか。

20170530-05.jpg

登別の温泉と言えば、何処も結構高級なイメージがあってなかなか手が出ないのですが、
いつかココで宿泊なんぞしてみたいもんです。

20170530-06.jpg

そろそろ日が暮れる頃、もう一丁西へ向かい、室蘭は地球岬へ。
水平線が丸く見え、名前の通り地球を感じるような場所。

20170530-07.jpg

海と反対側を見れば、丁度日が沈む時刻。
稚内、網走と夕日が満足に見られなかったので、ようやく見られて満足です。

20170530-08.jpg

今日の宿泊先である苫小牧へ戻る途中、ほのかと言う温泉で長距離運転の湯治。

20170530-09.jpg

で、宿泊先は2日連続のネカフェ、自遊空間の苫小牧店です。

20170530-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 12 [流浪]

5月29日(月)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



個人的に最もイメージする北海道の風景に合致する場所・美瑛

20170529-01.JPG

過去2回訪れている場所で、今回はまぁいいかなとも思っていましたが、やっぱり訪れてみると
相変わらずこれでもかって位にTHE・北海道な景色に感動。

20170529-02.JPG

3年振りに青い池にも行って見ましたが、こちらは正直以前より青さが無くなった気します。
気候やら温度やら、色々条件があるからかも知れませんが、ちょっと期待には届かずといったところ。

20170529-03.JPG

次は今回3回目となる帯広方面へ向かい、音更の十勝牧場へ。
牧場入口にある白樺並木は、最近だとマッサンで登場した、有名なロケ地だそうな。

20170529-04.JPG

その足で再びナイタイ高原へ。
この日は天気も良くてリベンジ成功ってな感じ。

20170529-05.JPG

帯広へ向かうすがら、近くにある士幌高原へ立ち寄ってみると、ナイタイ高原とはまた違う光景。
防風林が広がる様相は、かなり壮観です。

20170529-06.JPG

ココで丁度日没の頃合いとなり、今回もまた日帰り温泉⇒ネカフェのコンボ。
狙った訳でも無いのですが、どうも帯広は寄りやすいと言うか、経由ポイントになっている感があります。

20170529-07.JPG


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 11 [流浪]

5月28日(日)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日は斜里から一気に西へと進んでいきます。
その道中、小清水原生花園に立ち寄ってみました。

20170528-01.jpg

これまでの湿原で大体想像は付いていましたが、やっぱり5月では少し時期が早かった模様。
少しだけ咲いていた花を見て、北の遅い春を実感しながら再び西へと車を走らせます。

20170528-02.jpg

北見経由で到着したのは層雲峡。
到着時点では雨が降っていましたが、暫くすると青空がチラホラ見えて来ました。

20170528-03.jpg

今回はロープウェーを使って黒岳まで登ってみます。

20170528-04.jpg

本州はこの日も夏日だそうでしたが、北海道でもココは別格モン。
流石は日本最速で紅葉する場所なだけあって、思いっ切り残雪が積もっていました。

20170528-05.jpg

行こうと思えば山頂まで行けたっぽいですが、そこに行くには雪の中を掻い潜る必要があり、
ウォーキングシューズで来た自分にはちと厳しそうだったので、200mばかりの遊歩道を巡るだけで終了。

20170528-06.jpg

この日、山頂からの眺めは霞んで視界不良と案内にありましたが、山頂展望台から北大雪を望むと
綺麗に連峰が見えて、良い感じでした。

20170528-07.jpg

旭川へと向かい、この日の宿泊先であるルートイングランド旭川駅前にチェックイン。

20170528-08.jpg

夕飯はホテルのすぐ傍にある山頭火本店へ。

20170528-09.jpg

ラーメンは醤油か味噌しか食べない自分ですが、山頭火だけは塩一択です。
好きなラーメン屋の本店で食す看板メニューの塩ラーメン、旨かった…

20170528-10.jpg


共通テーマ:旅行
前の7件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。