So-net無料ブログ作成
検索選択

ラストはココだね飛騨の国 [流浪]

水戸で2泊した後の6月4日に高山へ移動。
長野道の松本IC下車後、国道158号を西に進む途中で、以前から一度行って見たかった平湯温泉へ。
日帰り入浴のひらゆの森、評判通りの広大な露天風呂が素晴らしい所でした。

20170604-01.jpg

そのまま高山市街へ入り、ホテルへチェックインの後はいつものように散策。
2泊予定で晩春、と言うより初夏の高山を見て回りました。

20170604-02.jpg

20170604-03.jpg

で、高山に来たと言えば無論、白川郷にもいかねばいけません(義務感)

20170604-04.jpg

今シーズン2回目の訪問、山の様子は高山同様に夏へと移り変わる最中って感じ。
遠く北アルプスは未だ残雪が見えるものの、村は緑が色づいておりました。

20170604-05.jpg

去年は満足に来れなかった白川郷、今年はまだまだ再訪するつもりです。
次は真夏辺りが望ましいですが、うーん… 9月かな?

20170604-06.jpg


共通テーマ:旅行

そして茨城へ… [流浪]

苫小牧を出港したさんふらわあ・さっぽろ。
翌日14時の定刻通りに大洗港へ到着しました。

まぁ、大洗っつったら、ね? やっぱりガルパンおじさんだしね?

20170602-01.jpg

って事で大洗の街を色々と食べ歩きながら聖地巡礼なんぞをやって行きました。

20170602-02.jpg

水戸では偕楽園を散策したりして、2泊しました。

20170602-03.jpg

20170602-04.jpg

が、今回は大洗や水戸より、大子町がメインだったかも。
3日の土曜は、施設が開放されるので旧上岡小学校の見学に訪れます。

20170602-05.jpg

廃校以後、時の止まったレトロな雰囲気はやっぱり良いものです。

20170602-06.jpg

20170602-07.jpg

その後は同じ大子町にある、袋田の滝を初見学。
ココは華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三名瀑なんだとか。

20170602-08.jpg

名瀑なだけあり、かなり迫力のある水量が目の前で流れ落ちる様は見応えがあります。
季節毎に見なければ本当の良さが解らない、と言われるらしいので、違う季節にも訪れたいところです。

20170602-09.jpg

因みに袋田の滝には幾つか駐車場がありますが、今回利用したのがこちらの根本駐車場。

20170602-10.jpg

ココを運営している根本さんと言われる方が、エラいガルパン推しな方で、ガルパン痛車の人には
駐車場料金の割引をしたり、単なるガルパンおじさんも優遇したり。

後は恐らく史上初な、駐車場で一番クジを実施したりする激アツなスポットです。

20170602-11.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 15 [流浪]

6月1日(木)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



半月に及ぶ北海道旅行の最終日は生憎の雨。
最後はもう一度小樽へと足を運びました。

20170601-01.jpg

旅の道中で色々な人と話をした中で、小樽では意外と見落としがちな北運河を教えてくれたので
折角なので散策してみる事に。

20170601-02.jpg

観光地として有名な小樽運河のすぐ隣ですが、こちらは不思議と人が一気に少ない感じ。
かくいう自分もこの時まで全然知らなかったので、当然っちゃあ当然なのかも知れません。

20170601-03.jpg

散策後は三角市場に赴き、北海道2日目に訪れたかわしま食堂で再び海鮮丼。
店主さんに色々と次回以降の北海道穴場スポットを教えてもらいました。

20170601-04.jpg

小樽を発ち、新千歳空港へ。
こちらで土産を調達していきます。

20170601-05.jpg

そういや雪ミクがあったっけなぁ、と初めて見てみます。

20170601-06.jpg

で、今年最後のスポットに新千歳空港温泉で色々な場所に行ったもんだ、と振り返りながら
のんびりまったりとして行きます。

20170601-07.jpg

18時45分、定刻で苫小牧港を出港したさんふらわあ・さっぽろに乗り込んで北海道を出発。
半月に渡った北海道旅行、これにて終了と相成りました。

20170601-08.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 14 [流浪]

5月31日(水)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



今一度の札幌、今回は藻岩山へ車で登って行きます。

20170531-01.jpg

藻岩山から望む札幌遠景、天気は良いのですが霞が掛かっていて、ややスッキリしない模様。
しかしその中でも、羊ケ丘から見た札幌ドームは相変わらず浮いた感じです。

20170531-02.jpg

丁度正午になり、ちょいと洒落たレストランで昼食。
腹も満たされたので、下山して札幌市街へと向かいます。

20170531-03.jpg

駐車場の懸念もあるので、14時に本日の宿泊先になるルートイン札幌中央へチェックイン。
日も高いので街中を散策しに行きます。

20170531-04.jpg

この旅行中は何かと寒さにやられた事もありましたが、この日は涼しい程度で気持ちが良いです。
大通公園は多くの人で賑わっていました。

20170531-05.jpg

20170531-06.jpg

旧道庁もやっぱり観光客で賑わっていました。

20170531-07.jpg

道庁の隅には池があり、都市部の喧騒が嘘みたいに静かになる旧道庁敷地の中で一層静かになります。
ココは市民の憩いの場、って感じでしょうか。

20170531-08.jpg

20170531-09.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 13 [流浪]

5月30日(火)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



今年も何もない春な襟裳岬を訪れました。

20170530-01.jpg

風速10m以上が年間290日以上と言うこの場所、この日は3~4mだったらしいです。
『らしい』と言うのも、この日は突端に大学生が風速の調査を行っていて、そのような会話が聞こえた次第。
確かにあまり風がどうこうって感じではありませんでしたね。

20170530-02.jpg

ところが様似のエンルム岬に行って見ると、やっぱり恐ろしいまでの暴風で息も出来ない状態。
この辺りはこうじゃないとね、なんて勝手に納得しながら太平洋沿岸を一気に西へ向かいます。

20170530-03.jpg

苫小牧を通り過ぎ、登別までやって来ました。
登別と言えばツムラ温泉、ってな訳で温泉街にある地獄谷を訪れました。

20170530-04.jpg

弟子屈の硫黄山よろしく、あちこちから源泉が湧き出して硫黄臭がプンプンしています。
これぞ温泉、って感じがして非常によろしいんじゃないでしょうか。

20170530-05.jpg

登別の温泉と言えば、何処も結構高級なイメージがあってなかなか手が出ないのですが、
いつかココで宿泊なんぞしてみたいもんです。

20170530-06.jpg

そろそろ日が暮れる頃、もう一丁西へ向かい、室蘭は地球岬へ。
水平線が丸く見え、名前の通り地球を感じるような場所。

20170530-07.jpg

海と反対側を見れば、丁度日が沈む時刻。
稚内、網走と夕日が満足に見られなかったので、ようやく見られて満足です。

20170530-08.jpg

今日の宿泊先である苫小牧へ戻る途中、ほのかと言う温泉で長距離運転の湯治。

20170530-09.jpg

で、宿泊先は2日連続のネカフェ、自遊空間の苫小牧店です。

20170530-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 12 [流浪]

5月29日(月)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



個人的に最もイメージする北海道の風景に合致する場所・美瑛

20170529-01.JPG

過去2回訪れている場所で、今回はまぁいいかなとも思っていましたが、やっぱり訪れてみると
相変わらずこれでもかって位にTHE・北海道な景色に感動。

20170529-02.JPG

3年振りに青い池にも行って見ましたが、こちらは正直以前より青さが無くなった気します。
気候やら温度やら、色々条件があるからかも知れませんが、ちょっと期待には届かずといったところ。

20170529-03.JPG

次は今回3回目となる帯広方面へ向かい、音更の十勝牧場へ。
牧場入口にある白樺並木は、最近だとマッサンで登場した、有名なロケ地だそうな。

20170529-04.JPG

その足で再びナイタイ高原へ。
この日は天気も良くてリベンジ成功ってな感じ。

20170529-05.JPG

帯広へ向かうすがら、近くにある士幌高原へ立ち寄ってみると、ナイタイ高原とはまた違う光景。
防風林が広がる様相は、かなり壮観です。

20170529-06.JPG

ココで丁度日没の頃合いとなり、今回もまた日帰り温泉⇒ネカフェのコンボ。
狙った訳でも無いのですが、どうも帯広は寄りやすいと言うか、経由ポイントになっている感があります。

20170529-07.JPG


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 11 [流浪]

5月28日(日)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日は斜里から一気に西へと進んでいきます。
その道中、小清水原生花園に立ち寄ってみました。

20170528-01.jpg

これまでの湿原で大体想像は付いていましたが、やっぱり5月では少し時期が早かった模様。
少しだけ咲いていた花を見て、北の遅い春を実感しながら再び西へと車を走らせます。

20170528-02.jpg

北見経由で到着したのは層雲峡。
到着時点では雨が降っていましたが、暫くすると青空がチラホラ見えて来ました。

20170528-03.jpg

今回はロープウェーを使って黒岳まで登ってみます。

20170528-04.jpg

本州はこの日も夏日だそうでしたが、北海道でもココは別格モン。
流石は日本最速で紅葉する場所なだけあって、思いっ切り残雪が積もっていました。

20170528-05.jpg

行こうと思えば山頂まで行けたっぽいですが、そこに行くには雪の中を掻い潜る必要があり、
ウォーキングシューズで来た自分にはちと厳しそうだったので、200mばかりの遊歩道を巡るだけで終了。

20170528-06.jpg

この日、山頂からの眺めは霞んで視界不良と案内にありましたが、山頂展望台から北大雪を望むと
綺麗に連峰が見えて、良い感じでした。

20170528-07.jpg

旭川へと向かい、この日の宿泊先であるルートイングランド旭川駅前にチェックイン。

20170528-08.jpg

夕飯はホテルのすぐ傍にある山頭火本店へ。

20170528-09.jpg

ラーメンは醤油か味噌しか食べない自分ですが、山頭火だけは塩一択です。
好きなラーメン屋の本店で食す看板メニューの塩ラーメン、旨かった…

20170528-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 10 [流浪]

5月27日(土)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



え!! 北海道琵琶湖が!?

20170527-01.jpg

とまぁ、『出来らあっ!』と言いたくなるような文句で始まる北海道旅行記10回目。
釧路から東へ沿岸部を進んで行く道中、霧多布湿原の南で思い切り見間違えた琵琶"瀬"展望台。
展望台から臨む霧多布湿原を、この後湿原センターまで行って見てみましたが、やはり時期尚早。

20170527-02.jpg

湿原の次は霧多布岬へ行って来ました。
因みにこの日から北海道は3日ほど天気が崩れます。
本州は軒並み晴天で各地夏日を記録したみたいですが、道東は最高気温9℃と言うムチャっぷり。

20170527-03.jpg

そんなクッソ寒い上、遮る物が何も無い為に風が吹きさらしの岬を突端まで進もうとしたら、
コレが意外と距離がありまして、片道5分位テクテク歩いてようやく到着。

20170527-04.jpg

しかしどうして、コレがなかなか悪天候にも関わらず良い感じの景色でした。
こりゃ天気良かったらかなり気持ち良い場所だろうな、と思いながら進路を更に東へ。

で、今回もやって来ました最東端の納沙布岬。
昨年末から色々と北方領土問題に動きがあるので、そういう意味では旬な場所かも知れません。

20170527-05.jpg

北方館で今年も返還署名をした後は、近接する根室市北方領土資料館へ立ち寄ります。

20170527-06.jpg

こちらでは、稚内と同じ本土四極到達証明書が貰えます。
これで2枚目、いずれは九州で残り2枚も入手して証明書制覇をしたいもんですね。

20170527-07.jpg

この後はオホーツク海沿いに北上し、野付半島のトドワラ目当てでネイチャーセンターへ行ったのですが、
雨こそ降らなかったものの、風が凄まじ過ぎてとても行ける状態ではなかったので断念。

大人しくそのまま更に北上し、斜里のルートイングランティアへチェックインしました。
2年でトドワラがどんな感じに変わったのか見てみたかっただけに残念。

20170527-08.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 9 [流浪]

5月26日(金)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日最初に訪れたのは上士幌にある十勝西部森林管理署の東大雪支所。

20170526-01.jpg

北海道まで行って役所に行く理由、それはココでとある許可証を発行してもらう事。

20170526-02.jpg

この許可証と一緒に貸し出される鍵が無いと通行出来ない糠平三股林道と言う未舗装道路。
車で行ける所まで行った先には、来る者を拒むかのように倒木で満たされた歩道。

20170526-03.jpg

その先にあるのが、2015年に遠くから臨んだだけのタウシュベツ川橋梁。
この時期はまだ河川に水が浸入していないので、川底から間近で橋梁を見る事が出来ます。
いつ無くなるか解らない、この鉄道遺産をゼロ距離から見られて大満足でした。

20170526-04.jpg

見学後は再度東大雪支所に戻り、鍵と許可証を返納し、次は上士幌のナイタイ高原へ。
日本最大の広さを誇る公共牧場と言う事で、見渡す限りの大草原に、これでもかって位の開放感。

20170526-05.jpg

牧場なので、あちらこちらに牛やら馬やらが放牧されています。
丁度道路沿いに牛がたむろっている場所があったので、近寄ってみると一斉に牛がこっちを見る見る。

20170526-06.jpg

この後は一気に東へ向かい、釧路湿原の細岡展望台へ。
2年前に見た釧路市湿原展望台とは湿原を挟んだ反対側に位置しています。
釧路川が湿原内を巡る眺めはこちら側の方がハッキリ見え、もしかしたらこちらの方が有名かも知れません。

20170526-07.jpg

この日は釧路駅前のルートインに宿泊。
前回は幣舞橋とか見に行きましたが、今回はチェックイン後はさっさと眠りに付きました。

20170526-08.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 8 [流浪]

5月25日(木)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



(恐らく)世界一目的地までの距離が長い看板。

20170525-01.jpg

洒落っ気のある看板を見る為だけに立ち寄った江別を後に、東へと進路を取ります。
その道中、岩見沢の道道を走っている所で、とんでもなく凄い光景を見かけたので思わず車を停めます。

20170525-02.jpg

後日道内の方に聞いた話だと、この辺りは菜の花畑で有名だそうで、その割に知られていない穴場だとか。
一面に咲き誇る黄色い花に、思わず感嘆の溜息をつきながら、再度車を東へ。

本日最初の目的地に到着。
そこは地下に潜った先にある、炭鉱の模擬坑道。

20170525-03.jpg

そんな訳でこの日の目的地は、色々と問題を抱える夕張。
嘗てその夕張で一大産業を担っていた炭鉱の疑似坑道を見て回りました。

20170525-04.jpg

見て思ったのが、恐らくココは家族連れ向けじゃないって事。
大人には歴史的見地からも色々面白い部分も多いですが、子供には暗い坑道は厳しいのかな、と。

20170525-05.jpg

その次に訪れたのは、山田洋次監督の傑作・幸福の黄色いハンカチのロケ現場。
自分の親世代が丁度世代の映画ですが、題名位なら聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

20170525-06.jpg

今年で公開40年と言う事で、一部リニューアルしつつも当時の施設を保存した現場。
映画を見た事のある人、特にリアルタイムな方には感慨深い所かも知れません。

20170525-07.jpg

自分は正直映画は1回見たきりでストーリーもうろ覚えですが、
ラストのハンカチがはためく中で、高倉健さんと倍賞千恵子さんが再開するシーンだけは覚えています。

20170525-08.jpg

この後はロケ現場から程近い場所にあるユーパロの湯でしばし休息。
因みにこの『ユーパロ』は、夕張の地名の元になったアイヌ語だそうな。

20170525-09.jpg

夕張での散策を終え、やって来たのは再び帯広。
帯広⇒札幌⇒帯広と、本当に行き当たりばったりな行動である事が解るルートです。
この日はちゃんとホテルを予約、ルートイン帯広駅前へチェックイン。

20170525-10.jpg

ホテルを出て、またもやぱんちょうの豚丼を食べに行きました。
今回は前回より1ランク上の梅を注文、やっぱり美味しかったです。

20170525-11.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 7 [流浪]

5月24日(水)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日は全道雨予報だったので、どうしたものかと考えた挙句、何も思い浮かばなかったので
もう札幌で買い物とかしたれと思い、観光も程々に札幌入りした日でした。

そんな中で辛うじて観光らしい事と言えば、クラーク博士に会いに行った程度でしょうか。

20170524-01.jpg

そんな訳で札幌市街にあって広大な牧草地の羊ケ丘展望台を訪れました。
その名の如く、牧草地には羊が放牧されており、なんかもう好き勝手にやっていました。

20170524-02.jpg

羊ケ丘の一角には札幌ドームがあるのですが、コレが展望台から見ると無茶苦茶浮いて見えて、
目の前のリアルな風景なのに、合成みたいに見えたり。

20170524-03.jpg

その後は市街に入り、冬にも利用した東横インすすきの南へチェックイン。
結構早めにチェックインしたので、暫くグダグダしておりました。

20170524-04.jpg

日が暮れた頃に散策に出掛け、JRタワー展望台・T38に行ってみます。

20170524-05.jpg

いつの間にか変わっていた新日本三大夜景の一つに選抜されていた札幌の夜景を眺めます。
成程、函館とはまた違う圧倒的な光量は確かに綺麗な景観です。

20170524-06.jpg

そしてこの男子トイレの開放感たるや、デザインした人はいい感じに振り切れてると思います。
高所恐怖症気味な自分ではありますが、ココではテンション上がって勢いよく用を足しました。

20170524-07.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 6 [流浪]

5月23日(火)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日最初は大空町にある東藻琴芝桜公園に行って来ました。
時期は丁度満開、と言う事で一面に広がる芝桜に圧倒されました。

20170523-01.jpg

何が凄いって、もう視界一杯に芝桜が咲き乱れており、本当にピンク色が視覚を支配するんです。
いやーこれは是非とも実際に見て頂きたい光景です。

20170523-02.jpg

芝桜公園を後にし、道なりにひたすら南下すると屈斜路湖畔にぶつかります。
道中展望台から屈斜路湖を眺めた後は、更に南下しアトサヌプリ火山へ赴きます。

20170523-03.jpg

アトサヌプリ、と言われたら「(゚Д゚)ハァ?」ってリアクションでしょうが、
硫黄山と言われれば、或いは知っている方もおられるのではないでしょうか。

名前の通り、一帯は硫黄が溢れ、土壌は黄色く酸化しており、あちこちから噴気しています。
ちょいと熱めの噴気をゼロ距離から浴びる事も可能で、たちまち全身が硫黄臭に抱かれちゃったりも。

20170523-04.jpg

最初は硫黄臭で鼻が曲がりそうでしたが、すぐに慣れてしまって帰る頃には何も感じない程になります。

多分硫黄クサいであろう身体で、今度は摩周湖へ立ち寄ります。
硫黄山で駐車場チケットを購入すると、同時に摩周第一展望台も利用出来るらしいので、
折角なので、こちらを利用して暫し小休止して行きました。

20170523-05.jpg

次は西へ進路を取り、阿寒湖にあるアイヌコタンを散策。

20170523-06.jpg

アイヌ独特の世界観に満ち溢れたこの場所は不思議な気持ちにさせられます。
懐かしさとも違う、得も言われぬこの感じ、気に入っています。

20170523-07.jpg

阿寒湖から更に西へ進み、少し山の中を進み、次に訪れたのがオンネトー。
ココは気象条件によって湖面の色が変化するそうで、時には紫なんてのもあるそうな。

20170523-08.jpg

次は違う色のオンネトーも見てみたいもんだ、と考えながら車を帯広まで走らせます。
帯広駅の地下駐車場に車を停め、夕飯の為に寄ったのは駅に程近い豚丼の有名店・ぱんちょう。

20170523-09.jpg

量の程が分からなかったので、無難に松竹梅の竹を注文。
因みにココは松竹梅のランクが逆で梅が最上です。 初代女将の名前がうめさんだったからだそうな。
尚、味は流石の人気なだけあって間違い無いですし、値段も割と安価でした。

20170523-10.jpg

この後は2015年も2回利用した、やよいの湯に使ってからネカフェの自遊空間へチェックイン。
パック料金で2,000円程度の宿泊代でした。

20170523-11.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 5 [流浪]

5月22日(月)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



太田山神社に続く2015年に行けなかった、行きたい場所・エサヌカ
ようやく念願叶って訪れた場所は、想像以上に真っ直ぐで何も無い、期待以上の場所でした。

20170522-01.jpg

この日は稚内から宗谷岬を経て、国道238号オホーツクラインを網走まで進みます。
その道中で色々と寄り道をして来ました。

エサヌカを過ぎてから枝幸に入り、先ずはウスタイベ千畳岩に寄り道。

20170522-02.jpg

以前は景勝地として有名だったそうですが、現在はちょっとした穴場スポットだとか。
折り重なる岩の様相は、福井の東尋坊を連想させる感じですかね。

20170522-03.jpg

更に南下して雄武の日の出岬へ立ち寄ってみます。
のどかな景色の中に異彩を放つ、ラ・ルーナと言う名前の展望台が目立っていますね。

20170522-04.jpg

岬にはホテルがあり、ここでも日帰り入浴が可能でしたので、ひとっ風呂浴びていきました。
何と言ってもオホーツク海を望む露天風呂がかなり良かったです。

20170522-05.jpg

また少し南下し、紋別の道の駅に立ち寄った際に見えた謎のオブジェ。
エラくリアルなカニの爪ですが、コレ実は相当デカくて高さ12mと言う訳の解らん規模。

20170522-06.jpg

のんびり寄り道しながら走っていたので、時刻はそろそろ日没の頃。
丁度いいやって事で夕日で有名なサロマ湖のキムアネップ岬に寄って行きました。

20170522-07.jpg

写真では綺麗な感じですが、水平線は厚い雲に覆われていて、程無く太陽は見えなくなりました。
昨日のノシャップ岬と言い、どうも天候には恵まれない感じです。

まぁ自然の事はどうにもならないので、ココはすっぱり諦めて素直に宿泊先の東横イン網走駅前へ。

20170522-08.jpg

チェックイン後は軽くシャワーを浴びてから、以前バイクで北海道ツーリングをした会社の部下が
かねてより網走に行ったらこの店に寄ってみて、と言われていた所へ足を運びます。
地元の老舗、郷土料理の富士。

20170522-09.jpg

先ずは部下が絶対注文して欲しいと言っていたクジラの竜田揚げを注文。
成程こりゃ確かに強く勧めるだけはあるなぁ、と珍しくビールなんぞを飲みながら夕飯を楽しんでいきました。

20170522-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 4 [流浪]

5月21日(日)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



旭川を発ち、オロロンラインを北上する道中に立ち寄った山深い場所。
この日最初の目的地は、何とも物騒な雰囲気がガンガン漂う、そんなトコ。

20170521-01.jpg

苫前町の奥にある、約100年前に起こった史上最悪の獣害を来した三毛別羆事件の復元現場
現場の案内看板を見ただけで、当時の凄絶っぷりが伝わって来ます。
また、この場は今尚普通にヒグマが目撃される場所だそうで、かなりおっかなびっくりしておりました。

20170521-02.jpg

再びオロロンラインに戻り、道道106号に突入しましたが、今回は生憎の霧でご覧の有様。
オトンルイの風車群も霧で羽の部分が霞んでしまっています。

20170521-03.jpg

途中で寄り道をして幌延のビジターセンターへ。
長沼の畔を散策出来る木道があるので、ちょいと散策。

20170521-04.jpg

とは言え、やはり5月だとまだ時期尚早だったようで、特に見所と言える場所も無く。
ただ人が皆無だったので、良い気分転換にはなりました。

20170521-05.jpg

その足で更に沿岸から離れ、豊富町の温泉街へ向かいます。
ココは2014年に北海道へ行った後に知って以来、かなり気になっていた温泉。
数件ある旅館の中から今回日帰り入浴に立ち寄ったのは川島旅館。

20170521-06.jpg

この豊富温泉、世界でも珍しい石油を含んだ温泉で、皮膚疾患に対し特に効果があるそうな。
油がキツいので敢えてろ過しているらしいですが、それでも浴場に入ると石油の匂いが鼻を突きます。
泉質は確かにこりゃ油だ、って感じで風呂上りはエラくしっとりしたものでした。
皮膚疾患の方は、確かにココを一度試してみるのもアリかもなと思います。

20170521-07.jpg

風呂上りは再度沿岸を目指し、その道中でサロベツ原野を望めるセンターがあるので寄り道。

20170521-08.jpg

幌延と同様、まだ時期が早かった感じですが、開けた湿原の向こうに望む利尻富士はなかなかの景観。
コレは是非とも旬の時期に来てみたいですね。

20170521-09.jpg

再度オロロンラインに乗って、ひたすら北へ北へと進路を取り、着いた先は日本最北端。
またこのテッペンに来る事が出来て感無量であります。

20170521-10.jpg

最北端のガソリンスタンドで給油した後は、宗谷丘陵を適当に走ってから稚内市街へと向かいます。

20170521-11.jpg

稚内市街に到着した後は、前回訪れた時に見るのを忘れた北防波堤ドームを見学。
以前はライダーさんやチャリダーさんの野営スポットだったらしいですが、現在はキャンプ禁止の張り紙が。
どうやら色々七面倒臭い事があったようで、行政が致し方なくってな感じみたいですね。

20170521-12.jpg

ドームから程近い場所にあるJR稚内駅、そこにある観光案内所へ足を運びます。
ココでは、とある物が貰えるとの事で訪れたのですが

20170521-13.jpg

それがこの、本土四極到達証明書。
本土四極を有する4自治体が共同で発行している証明書だそうです。
つい最近この存在を知り、良い機会なので集めてみようかと思います。

20170521-14.jpg

本当ならこの後ノシャップ岬へ行って日没でも眺めようかと思いましたが、生憎の空模様で断念。
市街にある、以前も利用した稚内サンホテルにチェックインしてこの日は終了です。

20170521-15.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 3 [流浪]

5月20日(土)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



この日最初は、これからの自身の無事を祈る事から始めました。

20170520-01.jpg

上の写真は太田山神社の拝殿、本殿がかなり険しい場所にある為、こちらからお参りをするそうです。

で、そんな険しい本殿に繋がる参道の入り口がこちら。

20170520-02.jpg

写真じゃ解りにくいと思いますが、見えている階段の平均斜度が45度だそうな。
道路の勾配で表すと100%になるんだとか。

いやマジでのっけからヤバい所ですが、参拝者向けの注意書きを見ると、余計にヤバくなります。

20170520-03.jpg

およそ神社の参拝者向けとは思えない注意書き。
気を引き締めて参拝、と言うか登山、と言うより崖登りを始めます。

20170520-04.jpg

参道と言うにはあんまりなあぜ道を、張られたロープにしがみ付きながらひたすら登って行きます。
道中、心が折れかけて帰ろうかどうしようかと考えながら登っていましたが、引くわけにはいきません。

何故ならココが2015年に行きたくても行けなかった場所の1つ。
引き返したら確実に後悔するのは明白でしたので、かなり気張って登り続けました。

20170520-05.jpg

本殿に続く最後の試練は、約7mの崖登り。
いやぁ、事前調査で知ってはいましたが、実際目の当たりにすると結構凄い。

あの写真で見た場所が目の前にあるっていう感動と、マジでコレ登んの?って言う恐怖。

20170520-06.jpg

勿論、ここまで来たら登るの一択ですが、結構怖かったです。
で、登り切った先には太田山神社の本殿が厳かに祀られていました。

20170520-07.jpg

本殿から望むこの景色、コレは実際その場に立たないと決して解らない達成感で満ち溢れています。

20170520-08.jpg

…で、今更自分が言う話でもありませんが、ココはマジで危ないです。
油断するとあっという間に滑落するような場所。
かくいう自分も帰り道で2回程、足を滑らせてコケました。
ロープを掴んでいたから踏みとどまれましたが、それとは別にコケた先の顔の横に尖った岩があったり、
本当に一歩間違えれば命の危険も、って所です。

とまぁ、色々とありましたが念願叶った太田山神社参拝も達成出来て気持ちは大満足。
しかしやはり身体はヘロヘロでしたので、同じせたな町にある北檜山温泉へ日帰り入浴。

20170520-09.jpg

汗を流した後は高速に乗って一気に旭川までブッ飛ばします。
この日は高砂台万葉の湯と言う健康ランドで宿泊。
風呂入ったら、参拝と長距離運転で疲れていたのか、速攻寝ていました。

20170520-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 2 [流浪]

5月19日(金)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



朝の元気は美味しいご飯から!
ってな事で、小樽の朝と言えば三角市場で海鮮丼と決まってる訳でして、今回も行って来ました。

20170519-01.jpg

で、頼むのも変化無くサーモンとイクラの親子丼。
時期じゃないのは解ってるんですけど、好きだからしょうがないんですよね、イクラ。

20170519-02.jpg

朝食を済ませた後は、いよいよ本格的な北海道ドライブの始まりです。
先ずは南へ進路を取り、見えてきた羊蹄山を横目に更に南へ、洞爺湖まで行きます。

20170519-03.jpg

到着したのは洞爺湖の畔にある、西山火口散策路
20世紀末、2000年3月31日に有珠山が噴火して出来た火口です。

20170519-04.jpg

ココには国道230号が通っていましたが、噴火のとてつもないエネルギーによって消滅。
付近一帯も爆発によって地面が隆起し、当時を伝えるのは取り残された道路標識程度。

20170519-05.jpg

綺麗に舗装されていたであろう道路もこの有様で、如何に爆発が凄かったかを如実に物語っています。
こう言った歴史をそのまま残しているからこそ、後世に語り継ぐことが叶うのでしょう。

20170519-06.jpg

次は国道5号を噴火湾になぞって南下、JR森駅までやって来ました。
目的は森駅の傍にある柴田商店。

20170519-07.jpg

多分、結構な数の方が知っているのではないでしょうか。
デパートの北海道フェアとかでは必ずと言っていいほど出品される、森駅の駅弁・いかめし。
自分もフェアの際は必ず購入しますが、遂に念願叶って現地で入手する事が出来ました。
もうそのまま、いかめしベンチに座って食っちゃいましたよ。

20170519-08.jpg

更に南下し、本日の宿泊先である函館のルートインへ到着。
ひとっ風呂浴びて、スッキリした所で夕暮れの函館散策。

20170519-09.jpg

と言っても目的はただ一つ、函館山の夜景です。
やれカップルだの、某国の集団だのに包囲されながら、独りでジッと暮れゆく函館の景色を見るのは
ホンマにアレや、凄かったわ!

20170519-10.jpg


共通テーマ:旅行

2017北海道旅行記 1 [流浪]

5月17日(水)~18日(木)

5/18小樽5/23大空・釧路5/28上川
5/19洞爺湖・函館5/24札幌5/29美瑛・上士幌
5/20せたな5/25江別・夕張5/30襟裳・登別・室蘭
5/21苫前・豊富・稚内5/26上士幌・釧路5/31札幌
5/22猿払・紋別・網走5/27浜中・根室6/1小樽



さて、2年振りに北海道へドライブに行って来ましたので今回もご報告させて頂きたいと思います。

先ず出発は5月17日。
今回は2014年と同様、京都の舞鶴から出発です。

20170517-01.jpg

連休も終わり、何てことの無い平日にも関わらず結構な数の車が乗り込む模様。
まぁ自分みたく旅行者ばかりじゃなく、仕事やら何やらなのでしょう。

20170517-02.jpg

日が変わり、翌18日。
今回も海は天気も良く、波も穏やかで、のんびりまったりとした時間を過ごしました。

20170518-01.jpg

次第に夕暮れとなる空を見上げ、もうすぐ北海道か… と毎回この辺りから落ち着きが無くなります。

20170518-02.jpg

船は定刻通り小樽港へ入港、そのままこの日の宿泊先であるオーセントホテル小樽へチェックイン。
ココは朝食が有名だそうですが、値段が結構張るのと、朝は別に食べたいものがあったので素泊まり。

20170518-03.jpg

荷物を置いて、早速夜の小樽散策へ。
ホテルが所謂『北のウォール街』にある為、いきなりライトアップされた旧日銀が目の前に現れ、
ココで、北海道へ来たんだなと実感する事が出来ました。

20170518-04.jpg

そのまま道なりに小樽運河へ直行。
同じくライトアップされた運河は、やっぱり旅情溢れる情景で明日からの意欲も掻き立てられるってモンです。

20170518-05.jpg

と、こんな感じで幕開けた2017年の北海道旅行。
取り敢えず今回は2015年に断念した、どうしても行きたい場所2箇所を攻略する事から始めます。

20170518-06.jpg


共通テーマ:旅行

苫小牧より [携帯から]

2017-06-01T18:49:14.JPG
只今苫小牧港出港
これにて北海道旅行終了です
が、まだ1週間程家には帰らない

共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。