So-net無料ブログ作成
検索選択

スタンプラリー・再 ~笠岡~ [スタンプラリー]

先日、道の駅・笠岡ベイファームへ行って来ました。

20151028-01.jpg

ココは隣接する植物園がちょっとした名物で、この時期はコスモスが綺麗だそうな。

20151028-02.jpg

とは言え、少々時期を逸したか見頃は逃してしまった感じですが、まぁボチボチいい感じでした。

道の駅へ行って、そう言えば2年前、仕事帰りにフラッと寄ったのがスタンプラリーの始まりだったっけ…
などと感傷に浸りながら駅内をウロウロしていたら

20151028-03.jpg

つい先日終わったばかりなはずなのに、またスタンプラリーが始まっていて驚愕。
しかも今回は期間無制限だそうな。

うーん、一通り既に周ったしなぁ… と思いつつ、何だかんだで面白かったスタンプラリーを思い返した結果

20151028-04.jpg

やったね、またココからリスタートだぜ! と言わんばかりに新スタンプ帳を購入、押印。

と、言う訳でスタンプラリー2週目に挑戦してみようと思います。
尚、期間無制限との事なので、今回はのんびり先を見据えずにやって行く予定です。


再開1駅目と言う事で何か記念に買ってったろと物色して見つけたのが、色々キワモノも多かったラムネ

20151028-05.jpg

とは言え、ココに置いてあったのは普通に美味しそうな岡山名物マスカットと桃のフレーバー
いや、もう想像通りに無難な美味しさでした。

共通テーマ:旅行

今年最後の飛騨紀行 [流浪]

例年なら11月に最後を締め括っていた秋の白川郷・高山。
今年は先の北海道旅行に休日を全振りしちゃってるので、年末までキッチキチなスケジュール。
なので、もうココしかないと言う事で先日行って来ました。

何やらいつの間にか白川郷のオリジナルキャラクターっぽいのが出来てたり。

20151025-01.jpg

この日も外国人団体客が多かったですが、欧州な感じの方ばかりで、人混みの割に静かでした。
この辺にも、そういったアレなソレが出たりするんだなと思いながら散策。

20151025-02.jpg

紅葉が綺麗なのは綺麗でしたが、やはりまだ少々時期尚早だったようで、色付きはもう一声って所。
多分10月末から11月上旬が紅葉の見頃なんでしょうかね。

20151025-03.jpg

こんな感じで2015年の白川郷を締め括りました。
今年はコレで5回、だったかな? 初めて冬の白川郷にも訪れましたし、来年もまた何度も訪れるでしょう。

20151025-04.jpg

白川郷を後にして、国道156号を南下する途中で寄り道。
道の駅・飛騨白山に隣接するしらみずの湯でしばし休憩。

20151025-05.jpg

この後は道なりに国道158号を進んで高山へ。
因みにこの道中、松ノ木峠付近はメチャクチャ紅葉が綺麗でした。
あの辺、標高がもう一丁高いようで、紅葉の時期が早いんでしょうね。

20151025-06.jpg

高山市街まで行くと、やはりまた紅葉には少し時期が早い感じですが、それでもそこは高山。
相変わらずの風情を醸し出しております。

20151025-07.jpg

20151025-08.jpg

20151025-09.jpg

20151025-10.jpg

本当の所は、今回は高山でもちょっといつもと違う所を見るつもりでしたが思い切り迷子。
ウロウロした挙句結局目的の場所が見つからず断念。

帰宅後、改めて調べてみると、全然違う場所をウロついていたようで愕然。
この辺も来年には行きたいなと考えています。

まぁ、マニアックな場所なので何処に行きたかったかとかはココでは申し上げませんけど。

20151025-11.jpg

やっぱり往復すると1,000km超な白川郷・高山の旅。
運転に対し気持ちは折れないけど、身体が付いていけなくなっている最近です。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 9 [流浪]

10月7日(水)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



台風23号、太平洋から北海道へ接近中。

20151007-01.jpg

この日は札幌滞在2日目、ゆっくりと街中を巡る予定でしたが台風の影響が結構深刻な模様。
この後も1週間は滞在するつもりで仕事の都合も付けて挑んだ今回の北海道旅行

少なくとも翌日は台風で全道どうにもならない感じで、その後も1週間は天気がハッキリしない予報。

朝起きて、身支度を整えてから30分程この後の天候や行動を考えていましたが、出した結論は

20151007-02.jpg

下手に粘って被害を受けるより、スッキリキッパリと滞在を諦める事とし、2泊目のホテルをキャンセル。
すぐさま小樽へ向かって、この日の晩に出航する船の手配をしました。

20151007-03.jpg

自分の中では唐突に訪れた終わりだったので、この時点では最終日の感慨も何も無いわけですが、
兎に角最後の1日、まだ天気は良いので何処かへ行かねばと言う、半ば使命感のようなものがあり、
去年、最終日に行こうと思って悪天候で断念した余市に行ってやろうと思い立ち。

そんな感じで訪れたのは積丹半島の神威岬。

20151007-04.jpg

襟裳岬の時みたいに青い空に青い海が広がる光景の中、突き出していく岬の圧倒感が凄い。

20151007-05.jpg

もしかしたら耳にした事がある方もいらっしゃるかと思う『シャコタンブルー』って言葉。
コレはこの神威岬や、少し東にある積丹岬のある、積丹半島に広がる海の色が由来です。

そういった特別な呼び方をされるだけの青さがあるわけですよ、ココには。
マジでこのシャコタンブルーを初めて見た瞬間、声が出ました。

20151007-06.jpg

突端まで行くと、その先には一際目を引く形の神威岩が。
色々と伝承のある岩みたいですが、まぁこんなの到底自然の物とは思えませんわな。

20151007-07.jpg

神威岬を後にして、再び小樽へ。
小樽の観光もしようと思ったのですが手頃な駐車場が見つからないのと、観光客の多さに断念。
何だかんだで疲労も溜まっている感じでしたので、小樽港すぐにある温泉施設・オスパへ。

ココで日が暮れるまでグダグダしていました。

20151007-08.jpg

そして再び小樽港へ、定刻を30分程過ぎた午前0時に小樽を離れて北海道ともお別れです。
出航した瞬間に、一気に終わったと言う実感が出て来て、猛烈に帰りたくないと思ってしまう始末。

正直、この記事を書いている今現在でも、途中で強制終了してしまった事による消化不良感があります。
どうしても行きたかった場所も結局半分も未消化ですし、まだ休みもあったのに… と未練タラタラ。

20151007-09.jpg

でもまぁ、この気持ちがある以上、多分また北海道へ行くだろうなと思います。
今年みたいな長期の休みはもう取れないでしょうが、どうにかして1週間でも行けたらと思います。

こんな感じで尻切れトンボですが、1年振りの北海道旅行は終わりとなりました。
お付き合い、ありがとうございました。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 8 [流浪]

10月6日(火)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



北海道の夜明け。

20151006-01.jpg

そんな訳で昨日滞在した帯広のネカフェを午前3時30分頃に出発して、高速を使って1時間。
長蛇の列に並んでゴンドラに揺られて… と、やって来たのがトマムリゾートの雲海テラス

昨日のタウシュベツ川橋梁に続いて、行ってみたかった場所の内の1つです。

見事に晴れ渡り、モヤっぽいのがホテル周辺に溜まってるだけで残念ながら雲海は見れず。
それでもまぁ日の出が拝めるような晴天だったし、それで良しとしよう。 そうこの時は思っていました。

20151006-02.jpg

ところが前後2週間の雲海発生状況を見ると、あのモヤがどうやら雲海と見做されていたようで
しかもこの日だけ雲海が発生していたみたいです。

うーん、まぁ… 良かったのかな。

20151006-03.PNG

ハッキリ言ってこの日は雲海テラスが全てだったので、ゴンドラから降りた時点で次の場所は未定。

この日から札幌で2連泊、午後の早い段階で札幌入りするつもりですが、この時はまだ午前6時。
どうしたもんかなぁ… と駐車場で地図を見ながら場所を探して決めた場所がコチラ。

20151006-04.jpg

去年、一瞬だけ日の目は見たものの結局殆どが雨だった美瑛のリベンジです。
占冠から美瑛に向かう道中は濃霧で、やっちゃったかなと思いましたが、美瑛に到着したらスッキリ晴天。
駅前から大通りに視線を移すと、遠くに見える雪化粧の大雪山連峰。

20151006-05.jpg

青空に浮かび上がる雪山でテンションが一気にアップ。
パッチワークの路へ行って早速去年のリベンジ、今年はナビを無視して適当に思うがままに走りました。

20151006-06.jpg

20151006-07.jpg

20151006-08.jpg

正午頃になって美瑛を後にし、一旦旭川に行ってから高速を使い札幌へ。
14時にすすきのにあるルートイン札幌中央に到着。

実は去年、札幌の東横インへ予定より大幅に早い17時頃にチェックインした時、駐車場がギリギリでした。
今年予約したルートインは追加料金を支払えば12時から駐車場が利用可能とあり、
下手したら車を停める場所で酷い目に遭うかも知れないと思い、早めに札幌入りをした次第です。

20151006-09.jpg

駐車場の問題も解決し、真昼間からホテル篭りも勿体無いので取り合えず札幌を散策。
連泊予定で、翌日にゆっくり札幌観光をするつもりですので、この日はただ街並みを眺めるだけでした。

20151006-10.jpg

20151006-11.jpg

20151006-12.jpg

20151006-13.jpg

しかし思えば日中の札幌って去年もですし、過去もあんまり覚えがありません。
何かこう… 夜の、ね? そっちしか知らなかったかも知れない。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 7 [流浪]

10月5日(月)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



北海道上陸から1週間経ったこの日は、北見から遠軽へ向かいます。
ぶっちゃけるとこの辺って自分にとっては別段見る物が何も無い場所ですが、
たった一箇所だけ気になる場所があったので、それだけの為に訪れました。

その場所と言うのが、JR北海道の上白滝駅。

20151005-01.jpg

周りに何も無いような、北海道らしいと言うか牧歌的と言うか、兎に角田舎な感じの無人駅です。

20151005-02.jpg

別に所謂鉄オタとか言うのとは違うし、寧ろ電車とか全然知らない自分がこんな場所に来た理由がコレ。

20151005-03.jpg

うーん、この素晴らしいダイヤ。 以前秘境駅の記事をネットで見ていてエラく気になった場所。
どうも来春には廃駅になるそうですし、秘境駅の割に車でのアクセスは楽らしいので折角なので、って事で。
駅ノートに一言書き込んで、次の目的地へ向かいました。


上川へ向かい、そこから国道39号を道なりに南下。
暫くすると道沿いに見えてくるのが、この時期紅葉が綺麗だと言う層雲峡です。

20151005-04.jpg

大雪山の麓にあり、道内でも早くに紅葉シーズンを迎えるとの事ですが、確かにボチボチ色付いていました。
時折にわか雨に当たったりもしましたが、のんびりと散策。

20151005-05.jpg

途中、温泉宿の駐車場に足湯があったので浸かってみました。
ジワーっと温まって非常に良い感じです。 後、足の指がすっかり開かなくなって軽くショック。

20151005-06.jpg

十分温まったところで、次の目的地目指し更に国道39号、273号と南下して行きます。

道中ちょくちょく寄り道として、層雲峡からすぐの場所にある銀河の滝やら

20151005-07.jpg

道内の国道では最も標高が高いらしい三国峠

20151005-08.jpg

旧幌加駅跡を見たりしながら、目的地へ向かいます。

20151005-09.jpg

糠平湖の東を走る国道273号沿いに、ポツンと4~5台の車が停められる場所があります。
そこから鬱葱とした雑木林を抜けた先に広がる糠平湖畔。

20151005-10.jpg

ココから見えるのがタウシュベツ川橋梁
今回の旅で4箇所、どうしても見てみたかった場所の内の一つです。

詳細は省くとして、鉄道に造詣のある人なら垂涎の的クラスの建築物だそうな。
前述の通り、自分は特に鉄道には興味があるわけじゃないですが、それでもココは見てみたかった。
何故なら、もう数年もすれば恐らく崩壊して無くなるから。

先日のトドワラじゃないですが、近く消え逝くものを一度はこの目で見ておきたかった、ってのが理由です。
出来ればツアーなりで接近していつかは見てみたいものです。

20151005-11.jpg

タウシュベツを後にして、後はひたすら南下。
帯広入りしたら北海道2日目と同じく、先ずはやよい乃湯でまったりして

20151005-12.jpg

また同じネカフェで夜を過ごしました。

20151005-13.jpg

いやホント、ネカフェで一夜とか思いの他快適だったりします。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 6 [流浪]

10月4日(日)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



あっ…
20151004-01.jpg



えー、開幕パンクで始まる北海道6日目。
斜里のホテルを出て10分位で起こった出来事です。

因みにこのタイヤ、北海道へ行く直前に新調したもので、実際2,000km程度しか走ってません。
恐らく度重なる未舗装路の走行、特に道道1093号走行中の砂利等々が原因じゃなかろうとかと思っています。

しかし、不幸中の幸いと言うかパンクしたのが街から近い、路肩も広い国道で良かったです。
コレがもし1093号だったら… あそこ携帯の電波届いてなかったからなぁと思うと恐ろしい限り。

スペアタイヤやジャッキはあるのですが、ぶっちゃけ自分で交換した事なんてありません。
ま、こんな時の為の保険って事でロードサービスを利用しました。

同じサイズの新品タイヤが無いとの事で中古を入れて以後は行動します。
…が、この一件で完全に未舗装路が恐怖対象になっちまいました。
道道は未だ7%程度が未舗装との事で、これより道道を走る時はイチイチ事前調査をカマす事に。


それはそれとして、大幅に時間を食いながらも予定通りこの日は知床を巡って来ました。
最初は国道334号を道なりに進んで行くと見えてくるオシンコシンの滝。

20151004-02.jpg

流石に観光名所と言うだけあって、見学施設の規模に対して人の多い事多い事。
次から次へと駐車場には観光バスが流れ込んで来るし、人が途切れる事もなさそうでしたので早々に離脱。

20151004-03.jpg

次は知床峠との分岐点付近にある知床自然センターへ。
この施設の裏手から岬に向かう遊歩道が伸びているので行ってみます。

20151004-04.jpg

遊歩道を進み切った先には切り立った崖が眼前に広がるチカポイ岬。
コレがまた何というか、距離感を狂わさせられるような規模だったりします。

20151004-05.jpg

そして入り組んだ地形の奥にフレペの滝。
決して多くない水量から、乙女の涙と言われているそうな。

20151004-06.jpg

自然センターを後にして、知床峠とは違う道道93号を北上して行きます。
するとやがて到着するのが、世界自然遺産の知床五湖。 やっぱ知床に来たらココは外せません。

20151004-07.jpg

ココは散策ルートが3つあるのですが、一番長いルートは折からの暴風による倒木で通行止め。
二番目に長いルートと一番短いルートの差は湖が一つ見えるか見えないか、程度。

二番目のルート付近には最近ヒグマ目撃情報もある、ってあったので、もうココは一番短いトコで。

短いと言ってもそれなりに距離はあるし、手軽に五湖を見られたのでボチボチ満足。

20151004-08.jpg

知床五湖を後にして、元来た道を戻ってお次は知床峠でドライブと行こうか!

…と思ったら山を登る程に霧が濃くなって行き、頂上付近についた時にはご覧の有様。

20151004-09.jpg

しかも気温も一気に下がって、麓の自然センターでは14~15℃あったのがこの場所では5℃。
どんだけやねん。

20151004-10.jpg

本当ならこのまま羅臼まで行って知床半島をぐるっと回って斜里に戻るつもりでしたが、
パンクの一件で、時間がちょっと読めなくなって来たのでUターンして斜里に戻ります。

そこからは更に西へ進めて網走へ。
網走と言えば、まぁパッと出てくるのがココでしょうってな事で網走監獄。

20151004-11.jpg

以前、愛知の博物館明治村へ行った時にあった金沢監獄の監視室が網走のモンだったはずです。

20151004-12.jpg

敷地内にあるあらゆる施設の中に蝋人形があって、結構不意打ち喰らうようなヤツも多くてビビります。
小さい子供がギャン泣きしている光景も見ましたが、そりゃコレは泣くわと思います。

20151004-13.jpg

この後は同じく網走にある能取湖畔へ。
丁度時期らしいので、サンゴ草の群生地に行きましたが、なかなか見事な感じ。

20151004-14.jpg

どうやら一時期は園地整備が裏目に出て、酷い有様だったそうです。
どうにか立て直そうとした人々の努力が実って、今年夏に念願叶って復活宣言を出せるまでになったとか。
お陰で良い景色を見る事が出来ました。

20151004-15.jpg

出来ればこの後、サロマ湖の夕日を拝みたかったのですが、どうにも無理臭い時間になったので断念。
進路を北見に取って北見市内にある、のつけ乃湯で人心地付きます。

20151004-16.jpg

そして今回の宿代わりになる、市内のネカフェへ到着。
今晩は2回目のネカフェで夜を明かす事にしました。

20151004-17.jpg

しかしホント、パンクは参った…

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 5 [流浪]

10月3日(土)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



…和商市場で勝手丼食べるの忘れてた…
と、気付いた時には既に釧路を出て100km程進んだ時でした。


まだ爆弾低気圧の影響で強風吹き荒れる北海道ですが、釧路を後にして新天地目指して進みます。

この日は東の最果てを目指す、ってな感じで先ずは日本最東端の駅・JR東根室駅へ。

20151003-01.jpg

コレで去年の北、6月の南に続き3つ目のJR最果て駅到達です。
残る西は、まぁいつか行けたら程度で。

次は更に東へ進み、今度は本土最東端の納沙布岬
日本で一番日の出が早い場所ですね。 何でも夏至の時は午前3時半頃には日の出だそうな。

20151003-02.jpg

納沙布岬は鹿児島の佐多岬と同様、『本土』の最果てと言う位置付けです。 宗谷岬は『日本』最北端。
佐多岬は沖縄があるからそういう表記だそうですが、コチラはコレ。

20151003-03.jpg

揺れる北方領土問題。 日本が主張する領土を含めるなら択捉島が最東端なんでしょう。
現状普通に往来が可能な最東端がココだと言う事で『本土』最東端と言う言い方なのだと思います。

地域柄なのか、兎に角北方領土に関するものが散見される根室。
納沙布岬にも資料館があり、その中で領土返還に関する署名を募っていました。

政治的・歴史的な言い分とかは学識者にお任せするとして。
自分は自分の価値観でこの署名をさせて頂いた次第です。

20151003-04.jpg

最東端を後にし、風連湖を大きく迂回しつつ国道244号を北へ進めて行きます。
海沿いを走るのですが、この海が太平洋なのかオホーツク海なのかイマイチ解らないんですが、
この244号、野付国道と言う名前が付いているのですが、何時の間にかホッポーロードという名前になります。
パンチ効いてんなぁ、と思いながらホッポーロードを北へ進み、途中道道950号を東へ。

地図を見て貰えれば一目瞭然ですが、野付半島と言う、何かこうフワッとした所を進んでいった先に
ネイチャーセンターがあり、そこから徒歩でフワッとした感じの所を1kmばかり進むと到着するのがココ。

20151003-05.jpg

湿原の中で枯れたトドマツがそのままの状態にされていると言う場所、トドワラ。
季節によっては湿原の花が咲き誇る原生花園となるそうですが、その時期を逸したらこんな感じ。

20151003-06.jpg

荒涼とした風景、いずれは風化して消えていくであろうトドマツの姿こそ諸行無常なのだと感じたり。

20151003-07.jpg

なんてちょっと悟り開いちゃいました的な雰囲気から、今度は中標津にあるライダーの聖地・開陽台へ。

20151003-08.jpg

小高い丘から望む景色は、遮る物が何もなく、北海道の広さを体感出来るスポットです。
遮る物が無い故に、相変わらず吹き続ける強風に晒されている訳ですが、それでも凄い光景でした。

20151003-09.jpg

ココも実際に目の当たりにしないと伝わらない光景ですが、マジに地平線が丸く見えちゃう。
地球って丸いのな、と改めて思わされる場所です。

20151003-10.jpg

ココからはこの日の宿泊先である斜里を目指しますが、少し回り道して道道150号を進みます。
150号を道なりに北上して、途中脇道に逸れる感じで進んで行くと、昨日のラストで訪れた摩周湖に出ます。
ただ、昨日の展望台の対岸に位置し、場所名も裏摩周展望台。

20151003-11.jpg

摩周湖を望む際、西を向くので夕刻のこのタイミングでは逆光となる為、写真と撮るにはいい感じっぽいです。

自分も撮影テクがあれば良い雰囲気の写真が撮れるのでしょうが、ただシャッター押すだけ。

20151003-12.jpg

この日最後は裏摩周展望台から程近い場所にある神の子池。
ココは割と近年になって話題に上るようになった観光スポットだそうです。

その為なのか、道道から池に続く脇道がこれまた未舗装路で、しかも結構長かったです。
豊似湖と道道1093号のお陰でダートに対して疲弊感しか感じません。

20151003-13.jpg

神の子池を見ると、成程透明度の高い低温の水のお陰で、何とも言えない不可思議な光景です。
先日訪れた忍野八海を思わせる青さですが、あそことも何かが違う感じ。
周囲の環境が、そう思わせているだけかも知れませんね。

20151003-14.jpg

この後は一気に斜里町まで進めて、この日の宿泊先であるグランティア知床斜里にチェックイン。

20151003-15.jpg

明日は知床半島の根元にあるこの場所からスタートして、道東観光の目玉・知床を巡る予定です。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 4 [流浪]

10月2日(金)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



大荒れ予報だった当日、豪雨は夜の内に過ぎ去り、朝は極めて好天。
…ですが、風はムチャクチャ吹いており、確か平均して14~15m位だったかと。

それでも日差しが眩しく、ホテル篭りはあんまりだろうと思って後日回る予定だった釧路の北を攻めます。

行きがけに先ずは、釧路と言えばココだろうって事で釧路湿原へ。

20151002-01.jpg

暴風で荒れに荒れた遊歩道を掻い潜って辿り着いた展望台から望むこの景色よ。
コレは実際に間近で見ないと解らないスケールです。

20151002-02.jpg

思わず感嘆のため息を漏らしながら、次は北上して阿寒湖を目指します。
ナビの推奨ルート通りに車を走らせるのですが、コイツがトンでもない罠でして…

途中で道道1093号線・阿寒公園鶴居線と言う道を走らされるのですが、コレがもうアレで

20151002-03.jpg

ご覧の通り、未舗装路。
しかもこのダートが13.2km続く上に、暴風によって荒れ放題と言う状況。

道中は白樺の並木を突き進んで割と景観は良いのですが、それ以上に道の状態が酷くてそれどころじゃない。
それでも黙々と車を走らせて、ようやく残り2kmまで差し迫った所でまさかの出来事が。























倒木ゥゥゥ!!?
20151002-xx.jpg

11km走って残り2kmでのこの仕打ちたるや、試される大地過ぎる。
一応どかせられるか試したけれども、やっぱり無理なワケで。
結局またクソみたいなダートを11km引き返す羽目になり、マジで涙目でした。


どうにか引き返して、今度は国道に沿ってやっとこ到着したのは阿寒湖にあるアイヌコタン。

20151002-05.jpg

本当は夜に来るのが正しいアイヌコタンの楽しみ方なのでしょうが、まぁ時間的な都合でスルーです。
アイヌ彫刻を見るだけでも価値のある場所だと思います。

20151002-06.jpg

その後は阿寒湖へ。
相変わらずの強風でどうやら観光船は休止の模様ですが、ソロで乗り込む勇気など元よりありません。

20151002-07.jpg

ココがマリモの阿寒湖かぁ… と湖畔を散策しながら思うわけですが、
正直言って、こんなモンなのかなぁ… と。
どうやら冬に来た方が色々あって楽しそうですね。

20151002-08.jpg

この後は、弟子屈へ向かってこの日最後の観光、摩周湖へ

20151002-09.jpg

有料の第一展望台は素通りして、第三展望台から摩周湖を望みます。
ココはもう素直に凄い所だ、と思わされました。

尚、霧の摩周湖とか言われており晴れていれば婚期が遅れるだの何だの言われておりますが、
ご覧の通り、スッキリ見通せる晴天でした。

20151002-10.jpg

コレは晴れの国パワーが過剰放出した結果です、ハイ。

しかしこの日は倒木で全て持っていかれた日でした。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 3 [流浪]

10月1日(木)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



10月に入った初日は、帯広より少し北に上がった音更町にある柳月からスタートです。

20151001-01.jpg

朝からガッツリケーキとか頼みましたが、甘党な自分には何ら問題ありません。
この日から10月と言う事で、丁度ハロウィン的なメニューが始まったそうでして、その新メニューをオーダー。
美味しく頂きました。

20151001-02.jpg

この後は一旦帯広に戻り、緑ヶ丘公園へ。
グリーンパーク内にある、かつて6年間だけ世界最長を誇った400mベンチを見つつ、園内を軽く散策。
400m、歩けば結構時間が掛かってビビりました。

20151001-03.jpg

ここからは帯広郊外へ車を走らせ、先ずは定番の旧愛国駅。
思いの他、人が少なくて、それでもこの規模ならこんなモンかと思いながら駅を散策。

20151001-04.jpg

愛の国から幸福へ、のキャッチで恋人の聖地として有名になった愛国駅と、少し先にある幸福駅。

…ま、恋人の聖地って時点で用は無いんですけどね!!

それでも一応はさぁ、寄っておきたいじゃない?

20151001-05.jpg

さて、次はそんな愛の国から旅立った先にある幸福駅へ。
愛国駅から一転、こちらは思いっ切り観光名所となっており、観光バス数台による某国民の集団でごった返し。

20151001-06.jpg

愛国から幸福へ、のチケットに思い思いの願いを書き込んだものが所狭しと貼り付けられた建物があったり、
当時使用されていたのであろう車両が展示されていましたが、何せ某国民による数の暴力が酷いの何の。
やかましすぎて少々ウンザリしながら撤退しました。

20151001-07.jpg

静けさを求めて次に寄ったのは、帯広の南の端にある岩内仙峡。
紅葉の名所だそうですが、やはりこの時点ではやや時期尚早な感じ。
その分、人も少なくてのんびり散策出来たのは良かったです。

20151001-08.jpg

また、ココへ着いたとほぼ同時に到着した地元の壮年なご夫婦が、自分の車のナンバープレートを見て
エラく驚かれた模様で、声を掛けて来てくれました。

コレが縁でこの岩内仙峡を回る間はご夫婦と共に散策し、色々と会話を交わした次第です。

20151001-09.jpg

岩内仙峡を後にし、進路は一路東へ向かいます。
太平洋沿岸の国道38号を東へ進める途中、道の駅・しらぬか恋問へ寄り道。

20151001-10.jpg

ココは帯広名物の豚丼が美味い事で有名だそうで、帯広で食べられなかった分を補填しました。
いや、マジで噂に違わぬ内容で大満足の一品。
もう1ランク上の豚が更に2枚増のバージョンと悩みましたが、このノーマルタイプでも十分に腹一杯です。

20151001-11.jpg

釧路市内に入って、この日の宿である釧路駅前のルートインへチェックイン。
ココへは2泊で予約が取れました。

と言うのも翌日は爆弾低気圧襲来による大荒れの予報となっており、恐らく身動きが取れないと予想。
翌日は1日捨ててホテル入り浸りのつもりです。

20151001-12.jpg

と、言う事でまだ低気圧の影響を受けてない今の内に見られる所だけ見ておこうと少し街中を散策。

釧路と言えば勝手丼、それを食べさせてくれる和商市場の場所を先ずは確認しておきます。

20151001-13.jpg

続いては釧路駅から南へ1km程下った場所にある幣舞橋へ。
この橋は夕方から夜に掛けて見るのが良いらしく、なるほどガス灯が良い雰囲気かと。

20151001-14.jpg

橋には四季をモチーフとした裸婦像がありましたが、汚れが目立って少々残念な事に。

20151001-15.jpg

そんなこんなでサラッと釧路市街を見てまわってホテルへ帰り、この日は終了。

20151001-16.jpg

明日が果たしてどれだけ荒れるのか、そして今後のルートはどうするのか。
天気予報とにらめっこしつつ、いつの間にやら寝てしまっていました。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 2 [流浪]

9月30日(水)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



北海道上陸2日目はむかわ町から海沿いに南東へ向かいます。
途中の日高は競走馬のメッカなだけあってか、至る所に馬の牧場がありました。

20150930-01.jpg

また、季節外れですが以前北海道在住の方からチラッと小耳に挟んだ日高の桜並木にも寄ってみたり。

20150930-02.jpg

太平洋沿岸の国道336号を道なりに進んで行くと、途中様似付近で気になるスポット発見。
如何にも北海道っぽい名前なエンルム岬。

20150930-03.jpg

我ながら良くこんな場所に気付いたもんだ、ってな位に目立たない場所でしたが、
岬の小さな展望台から望む景色は、北海道へやって来た!感を十分に堪能できました。

20150930-04.jpg

更に道なりに進むと、次は超有名スポットの襟裳岬
年間300日程度が風速10m以上と言うだけあり、当日も息が出来ないような強風でした。

20150930-05.jpg

何もない春です、とはよく言ったものでマジで何もないんですが、詩的に言えば『何もないがある』みたいな。
太平洋に突き出す岬の突端からは空と海が一面に広がっていました。

20150930-06.jpg

また、強風の影響で波も常時高く、海の荒々しい姿も自然の雄大さを物語っているかのようです。

20150930-07.jpg

襟裳岬を後にし、国道336号・黄金街道を進むと途中で湖がある、って看板があったので行ってみたのですが、
コレがまた道中未舗装路をひたすら走らされるような場所にありまして。

どうにかこうにかして到着したのが豊似湖。
プチ秘境な雰囲気を醸し出す所で、自分以外誰も居ません。

20150930-08.jpg

あまり人の手が入っていないような感じで、とにかく静か。
木が風に揺れる音だけが辺りを包み込んでいるだけです。

20150930-09.jpg

湖面も穏やかで、行きにくい分、それに見合った光景だなとしみじみ思っていたのですが…

20150930-10.jpg

案内看板にあった歩道が歩道の体を成しておらず、ご覧のような有様で道らしきものがありません。

湖が見えている以上、迷う事はありませんが、途中で歩道らしき道を見失い、崖を這う目に遭いながら、
更に野生のエゾシカ2頭と遭遇、シカだったから良かったもののクマなんか出たら… とヒヤヒヤモンでした。

20150930-11.jpg

やっとの事で豊似湖を脱出して、帯広へ向かう途中で休憩の為に寄った道の駅・コスモール大樹。
駅かと思ったらスーパー併設だったようでして。

20150930-12.jpg

何気に陳列棚を見ていて、ある物に気付いたので旅行序盤にも関わらず自分用に土産を確保。
それがコレ。

20150930-13.jpg

日高の桜並木を教えてくれた人に、北海道を嬉々と語ってコレを知らんとは何事か、と叱られた一品。
ホンコンやきそばとやきっぺです。
特にホンコンやきそばは目分量で上手に作れて初めて北海道LOVERを名乗れ、と叱咤されたモンです。

この記事を書いている時点で両方共1袋ずつ、先ずは計量カップ使用で作っています。
やきっぺはアレだ、ご飯食べたくなる感じ。 ホンコンやきそばはジャンクな感じですかね?

しかし両方美味いのは確かです。
うーむ、岐阜に行ったら必ずスガキヤ買うのと同じようになりそうな予感。


さて、このまま北上して帯広市内へ入り、やよい乃湯でひとっ風呂。
北海道がそうなのか、それとも岡山が違うのか解りませんが、シャンプーやらが置いて無い事にビックリ。
一回風呂に入って、すぐ出て慌ててシャンプー一式を買う羽目に。

20150930-14.jpg

やよい乃湯を出た後は市内のネカフェへ。
この日はココで一夜を明かす事にします。

20150930-15.jpg

宿が取れなくて急遽ネカフェにした訳ですが、最近のネカフェは結構快適なんですね。
こう言う所にあまり行かないので知りませんでしたが、加賀の健康ランド然り、横になるだけなら
十分な感じがしました。

共通テーマ:旅行

2015北海道旅行記 1 [流浪]

9月29日(火)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



今年も洋上は穏やかで快適な船旅となりました。

20150929-01.jpg

今回利用した船は、元々商船三井の夕方便だったものを件の火災事故で深夜便にシフトしたもの。
深夜便は物流メインな感じで作りも質素でしたが、夕方便は旅客の色合いが強く、レストランがあったりします。

折角あるもんだし、って事で朝と昼は利用させてもらいました。
尚、一食800円だったはずです。

20150929-02.jpg

北上するほどに確実に肌寒くなって行き、青森を抜けた夕方には強風も相まってかなり寒かったです。
しかしいよいよ北海道が近付いて来ていると思うと、その寒さすら心地良く感じたりしたりしなかったり。

20150929-03.jpg

19時45分、定刻に苫小牧港へ到着。
いよいよこれから1年振りの旅が始まるのかと思うと興奮を禁じえません。

20150929-04.jpg

北海道上陸記念の最初は、去年別離を惜しみつつ湯に浸かった苫小牧にある、なごみの湯。
去年の終わりの場所を、今年の始まりの場所にして、先ずは船旅の疲れを癒します。

20150929-05.jpg

その後は少し東へ向かい、むかわ町にある道の駅・四季の館へ。
実は今回は、去年や今年の九州旅行を踏まえて、予め宿の予約をせず
天候を伺いながら行き先を決めて行くスタイルを取りました。

基本は宿を利用するつもりですが、どうしても取れない場合もある事を考慮し、車中泊の準備もしています。

この四季の館、苫小牧からスタートする北海道旅行者御用達の車中泊ポイントらしいので
自分もそれに倣い、ココで一泊する事にしました。

20150929-06.jpg

で、ココで北海道初の食事をば。
っつってもセイコーマートで買った弁当とカツゲンですけどね。

20150929-07.jpg

このような感じで北海道旅行、開幕です。


あ、因みに車中泊ですが、この日でもう無理や!ってなりました。
以後はビジホと駄目な時はネカフェの繰り返しになります。
やっぱ車中泊するならもっとデカい車じゃないとアカンですね。

共通テーマ:旅行

2015北海道への道 3 [流浪]

9月28日(月)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



この日はいよいよ夜に北海道行きのフェリーに乗り込む日。
なので港のある町で一日ブラつく、と言う事で3年連続3回目の大洗ガルパン聖地巡礼です。

20150928-01.jpg

今回もアウトレット傍にある町営駐車場に車を突っ込んだ後は、自前の自転車で大洗を疾走します。

20150928-02.jpg

今年は劇場版公開もあり、勢いの落ちる事を知らない大洗町ですが、更にブッ飛んだ事になっている模様。

20150928-03.jpg

確か去年訪れた時には既にあったと思いますが、キャラクターと並んで店主の看板も健在でした。

何気にマイナーチェンジしているダージリン様、相変わらずお美しい限り。

20150928-04.jpg

後はガルパンの監督が携わった、某万策尽きたアニメに登場した場所の1つが大洗にあったりとか。

20150928-05.jpg

アウトレット内にはガルパンのギャラリーが開設されたりと、まだまだ激アツです。

20150928-06.jpg

去年もあったスタンプラリー、今年もやっていたので実践し、去年とは違うバージョンのステッカーをゲット。
去年はどっちにしようか凄い悩んだモンです。

20150928-07.jpg

自転車で動き回って体力的にキツくなった所で、これまた去年も訪れた潮騒の湯へ。

20150928-08.jpg

ココで結構な時間を過ごした後は、いよいよ乗船手続きを進める為に大洗港へ。

20150928-09.jpg

昨日、一昨日と中秋の名月でしたが、この日はスーパームーンの日だったとか。
大洗からも綺麗に月が拝めました。

いざ手続きへ、とターミナルへ向かうと入口にはこんな掲示。

20150928-10.jpg

記憶に新しいフェリー火災事故、去年苫小牧から大洗に向かう際に乗った船な事もあり、
個人的にも思う部分が大きい出来事ではあります。

因みに今回搭乗予定の船は、この日から夕方便から深夜便にシフトする『さんふらわあ・ふらの』。
夕方便と深夜便では内部の造りが結構違うとの事。

と、まぁそんな事はさて置き、手続きを終わらせた後は時間もあるのでターミナル内をウロウロ。
やっぱりと言うか、大洗なんだなと言う感じでココでもガルパン関連の掲示物が沢山ありました。

20150928-11.jpg

無事乗船も終わり、日付の変わった0時45分、船は定刻通りに大洗港を出港

20150928-12.jpg

去年も感じた、旅立ちの高揚感を再び胸に本州を脱出して、試される大地へ。

共通テーマ:旅行

2015北海道への道 2 [流浪]

9月27日(日)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



2日目は加賀から白山へ移動し、1番乗りでこの場所へ。

20150927-01.jpg

今年から名称と料金が変わった白山白川郷ホワイトロード(旧:白山スーパー林道)を石川側から進みます。

午前8時少し前に開門されて、トップバッターで意気揚々と林道を進んで行くのですが…

20150927-02.jpg

山頂付近になるとドエラい霧に包まれて、視界が20m無いぐらいまで濃くなって行きました。
特に県境をまたがるトンネルは最悪で、しかも林道にあるトンネルは全て照明がありません。
視界を遮る濃霧に、真っ暗なトンネル、車のライトもおぼつかず、ムチャクチャ怖かったです。

それでも高度が下がるにつれ霧も晴れていき、今年4回目の白川郷へ。

20150927-04.jpg

ゆっくり周りたい所ではありますが、この日は何せ移動距離が結構なモンなので流して見る程度。
それでも一応白川八幡の痛絵馬だけはチェック。

20150927-05.jpg

ココの絵馬でダラズ鉄平とか初めて見たかも知れん…


次は通り道になるし、と言う事で白川郷とセットな感じの高山散策。

20150927-06.jpg

この日は日曜日とあり、観光名所たる古い町並みは人混みでごった返し状態。

20150927-07.jpg

20150927-08.jpg

普段ならココで土産物を買うのですが、如何せん今回はこれから旅立つ身。
白川郷同様に流して見た後は、高山を東へ抜け、上高地経由で松本、そこから高速に乗って
一気に茨城は水戸へ行きました。

この日の宿泊先である水戸駅近くの東横インへ、先ずはチェックイン。

20150927-09.jpg

その後は昨日の兼六園同様に中秋の名月イベントで夜間開放されている偕楽園へ行きました。

20150927-10.jpg

こちらもライトアップやらイベントやらが催されており、ボチボチのんびり散策出来ました。

20150927-11.jpg

20150927-12.jpg

昨日の兼六園と違い、この日の水戸は雲ひとつ無い晴天で月も綺麗に拝めました。

20150927-13.jpg

写真で見ると月が明るすぎて太陽か照明みたいに見えますね、こりゃ。

共通テーマ:旅行

2015北海道への道 1 [流浪]

9月26日(土)

9/26金沢9/30日高・襟裳10/4斜里・網走
9/27高山・水戸10/1帯広・釧路10/5遠軽・上川
9/28大洗10/2釧路・弟子屈10/6占冠・美瑛・札幌
9/29苫小牧10/3根室10/7積丹



先日、今年も北海道へ行って来ました。
簡単に報告をさせて頂きますので、お付き合い方よろしくお願いします。

去年は北海道の後に寄り道をしながら帰宅しましたが、今年は逆に寄り道をしてから北海道入りを目指します。
出発日のこの日は、先ずは金沢へ向かいました。

と、言うのもこの日は中秋の名月で兼六園が夜間開放されているとの事で、それを見に行った次第。

20150926-01.jpg

到着した時点ではまだ兼六園は開放時刻前だったので、先に金沢城を散策。

20150926-02.jpg

20150926-03.jpg

ライトアップされた金沢城を周った後は、兼六園へ。
こちらも至る場所がライトアップされておりました。

20150926-04.jpg

またイベントで石川を中心に活動をされていると言う歌手がコンサートを開いていたり。

20150926-05.jpg

そんな感じで中秋の名月を庭園で眺めようと言うイベントですが、肝心の月は曇り空で拝めず、でした。

20150926-06.jpg

金沢を後にし、加賀まで戻って国道8号沿いにある健康ランド・ゆめのゆでこの日は終わり。

20150926-07.jpg

健康ランドで寝泊りとか、やった事なかったんですが案外悪くない。
ココがたまたま良かっただけかも知れませんが、低料金で一夜を凌げるし十分アリだと思いました。

共通テーマ:旅行

小樽より [携帯から]

image1.JPG
本来なら後1週間居るつもりでしたが
台風がヤバそうな為、予定変更して帰ります

消化不良ですが天候には勝てなかったよ…

共通テーマ:moblog

占冠より [携帯から]

image1.JPG
昨日は4箇所行きたい場所の内の1つへ
残り2箇所、台風やらで怪しくなって来ました

共通テーマ:moblog

上士幌より [携帯から]

image1.JPG
今日は今回の旅で是が非でも行きたい4箇所の内の1つへ
いつかは間近で見たいモンです

共通テーマ:moblog

網走より [携帯から]

image1.JPG
今日は道東の主だった所を周りました
そしてなかなかなピンチにも遭いました

共通テーマ:moblog

根室より [携帯から]

image1.JPG
最東端到達です
今日も北海道は全道で強風に見舞われた模様

共通テーマ:moblog

弟子屈より [携帯から]

image1.JPG
暴風で賑わう北海道ですが、幸い直接的な被害はありませんでした
ただ、間接的には思い切り喰らいましたが…

共通テーマ:moblog

釧路より [携帯から]

image1.JPG
今日と明日は釧路滞在
激アツ低気圧襲来に戦々恐々です

共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。